トップ10

1C:エンタープライズ8.2(8.2.18.61)+クラック(パッチ)

カテゴリー: オフィス | 追加日:2015年1月7日、午前14時07分 | ダウンロード: 487
1C:エンタープライズ8.2(8.2.18.61)+クラック(パッチ)


システム·ソフトウェア」1C:エンタープライズ8「組織と個人の活動を自動化し、これに基づいて開発されたプラットフォームとアプリケーションのソリューションが含まれています。プラットフォーム自体は、多くのアプリケーション·ソリューション(構成)のいずれかで動作する傾向があり、エンドユーザーによる使用のためのソフトウェア製品ではありませんに基づいて開発プラットフォームです。このようなアプローチは、単一の技術プラットフォームを使用して、さまざまな活動を自動化することができます。

さまざまな分野でのEnterprise 8:プラットフォームの柔軟性は1Cを使用することができます:
  • 工業と商業企業、予算や金融機関、サービス会社等の自動化
  • 企業管理の運用サポート。
  • 組織や経済活動の自動化。
  • アカウントおよび会計、規制当局への報告の任意の測定値のいくつかのグラフを占めます。
  • 管理会計および分析レポート作成、多通貨会計のためのサポートを構築するための機会。
  • 計画、予算および財務分析の作業。
  • 給与計算、人事管理、
  • 他のアプリケーション。

バージョン8.2.18は、バグ修正や機能の変更が含まれています。
  • 新機能と変更点
    • 出版物のファイル属性をタグ付けするには、公開する必要が(タグを有効にする属性)がためのWebサービスを公開する必要性を制御する実装pointEnableCommonは、明示的に指定されていませんdefault.vrd。
    • Microsoft SQL Server 2005およびMicrosoft SQL Serverの2012年のネイティブクライアントのデータベースのサポートを実装しました。
  • 最適化
    • 長時間使用した後、サーバーのパフォーマンスが可能な低下をもたらす、:最適化されたサービスの番号サーバークラスタ「エンタープライズ1C」。
    • シンとシッククライアントがマルチユーザーアクセスしながら、ネットワーク共有にあるファイルの情報ベース、での作業に最適化。開口部やフォームの編集を含む情報ベースでさまざまな操作を、スピードアップビューリスト形式、録音設備、帳簿書類等のオブジェクト
    • 改善されたサーバーのスケーラビリティ:高負荷と同時ユーザー数の多い「1Cエンタープライズ」。
    • 速いジョブ機能StrLineCount()とStrPoluchitStroku()シンクライアントでの作業、シッククライアントとサーバー側で。
    • オブジェクトInternetMailを使用してメールを受信する最適化されています。
    • パラメータ関数は入れ子の任意のレベルで(「ポイントスルー」とオペレータ方法のヘルプ(~~(())~~)と同じように)変数の特性を生成するからなる式を作用するという場合に、より高速な仕事関数ZnachenieZapolneno() 。
    • ログ表の文書がリンクにインデックスを追加しました。その結果、文書の動的な履歴リストの速度を増加し、文書のジャーナルに参照することによって検索されています。
    • マイクロソフトのSQL Serverのデータベースクエリの最適化生成:繰り返しクエリ·プランの数の減少;
    • これは、Microsoft SQL Serverでクエリのコンパイルの数を減少させました。
    • キャッシュクエリ·プランのサイズは、Microsoft SQL Serverを減らします。
    • 一部のクエリの時間を減少させました。
    • いくつかのケースで生成された改善されたクエリ·プラン。
    • 最適化された動的リストとサンプリング下降を注文した場合のデータベースの動的サンプリング。
    • Microsoft SQL Serverの場合は、これらの動作はさらに最適化され、再構築の動作を最適化しました。
    • クライアント - サーバのバージョン制御モードで作業する場合ロックは情報ベース設備のための新しいリンクを生成するためのメカニズムを変更しました。サーバー·データベースと:「エンタープライズ1C」のリンクは、すべてのサーバー接続のための厳密に一貫性が生成されます。その結果、データベース内のテーブルとインデックスの断片化、ならびに高速化挿入と読書記録データベーステーブルを減少させました。
    • サーバークラスタをバランス最適化ロード。
    • あなたが基準の「ポイントを介して」のGetObject()とプロパティを参照してを呼び出したときに表形式のセクションのないデータベース·アプリケーション·オブジェクトから採取した最適化されています。
    • 最適化されたサーバー「1C:エンタープライズ」データへのアクセスを制限するオブジェクトへのクエリのパフォーマンス、と。
    • Microsoft SQL Serverデータベースの操作で作業している場合、リスト内の単一の値で(...)でデザインを使用して最適化。
    • 最適化の実行クライアントアプリケーション、背景とスケジュールされたジョブ。
    • 頻繁に実行するバックグラウンドタスクやWebサービスの課題にあなたのシステムをスピードアップ。
    • これは、制御された形の開口部をスピードアップします。
    • 最適化は、ネットワーク共有上にあるデータベース内のファイルのバージョン情報(シンクライアントを介して)、マルチユーザアクセスの場合に最も顕著です。
    • それは...最初のものを選択し、そのような要求タイプなど、ファイルのバージョン情報ベースでクエリのいくつかの種類の作業をスピードアップ。
    • (&SpisokObektovIParty)で(SchetFakturaオブジェクト)...クエリ言語における演算子の助けを借りて2つのリストを比較....
    • ネットワーク共有にあるファイルのバージョン情報ベース、と最適化されたクライアントアプリケーション。
    • これは、大量の業務データの変更を行った後、動作情報データベーステーブル圧縮を実行することをお勧めします。
  • システムの動作に影響する変更
    • Webクライアントは、追加のブラウザウィンドウの方法PoluchitFayl()可能な開口部を使用して、WebブラウザのGoogle Chromeで実行されています。
    • ウェブブラウザのMicrosoft Internet Explorer、埋め込みキーまたはファイル·システム、ユーザーのコンピュータにアクセスするときに、ユーザーの意図を確認するダイアログボックスで実行しているWebクライアントでの暗号での作業の延長で作業する場合、他のすべてのウィンドウの上に開かれました。
    • 例外が制御形態のサーバメソッドで発生した場合、クライアントアプリケーションはフォームを表示の外観は、現時点では、サーバー側の形状に対応します例外。例外が発生したときに、例外が発生する前に、サーバ側で実行された外観形状の変更は、クライアントアプリケーションの側に伝達されていない場合、結果は、状況を除外しました。
  • 設定の変更は、行政単位の変更が必要
    • Windows用のディストリビューションの一部としてHASPドライバのバージョン6.51.29439.1を付属しています。インストールするには、ファイル/ haspdinst.exeと呼ばれるドライバをアンインストールします。ラベルには、(array(スタート)メニューから)取り付け/取り外しの新しいバージョンをポイントして実行します。
    • オペレーティングシステムLinuxでの仕事でオブジェクトMenedzherKriptografii(PutModulyaKriptografii)のコンストラクタの2番目のパラメータは、あなたがライブラリの数へのパスを指定することができ、共同で同様のインタフェースを実装マイクロソフト暗号化APIです。 ":"のライブラリが区切られています。その結果、Linux上でCSP暗号のすべてのバージョンを使用することが可能になりました。
    • PutModulyaKriptografii MenedzherKriptografiiは、フォーム内の​​オブジェクトのコンストラクタを指定する推奨設定: /opt/cprocsp/lib/amd64/libcapilite.so:/opt/cprocsp/lib/amd64/libcapi10.so:/opt/cprocsp/lib/amd64/libcapi20.so古いものと暗号の新しいバージョンとの互換性を確保します。
    • 見出しHTTP-リクエスト、リターンコードの取り扱いでの作業の可能性、文字列またはバイナリデータとして要求本体を取得し、設定します。実現オブジェクトHTTPZapros、HTTPOtvet。
    • HTTPSoedinenieは次の変更を実装したオブジェクト:レコードのメソッド()OtpravitDlyaObrabotkiは()、()を受信は、(削除)HTTPOtvetを返します。
    • メソッド·レコード()OtpravitDlyaObrabotki()については、()を受信、(削除)構文を使用すると、HTTPリクエスト生成したソフトウェアを使用することができます実装されています。
    • OpenIDを介してプロトコル実装の認証を作り直しました。実装は、直接アイデンティティ2.0プロトコルのOpenIDに対応しています。
    • フォーマットのOpenIDプロバイダーファイルdefault.vrd(url属性要素が依存している)アドレスを変更:httrsが:/// e1cib / oid2opを。デフォルトでは、所要時間の認証は24時間です。最大持続時間は、認証の168時間に等しいです。
    • パーティのプロバイダとのOpenIDを頼って、通信プロトコルを変更しました。
    • 認証ダイアログに認証を格納禁止の可能性。
    • 実装形態は、Webクライアントを使用するためにOpenIDプロバイダ側のユーザ名とパスワードを入力します。
  • バージョン8.2.18より前のバージョンからの移行
    • バージョン8.2.18より前のバージョンからの移行時の構成、情報データベース、外部データ·プロセッサおよび外部報告の変換が必要です。
    • テーブルのリンク雑誌文書内のフィールドにインデックスを作成するには、次のいずれかの操作を行う必要があります文書の1以上の選択ログの再編につながる変更を行います。
    • テストでテーブルを再構築し、情報データベースを修正する実行します。
    • 認証はOpenIDを使用して情報データベースでは、公開設定ファイルdefault.vrdを変更する必要があります。
    • ファイルのバージョンのための情報基盤は、以前のバージョンからの移行後の動作情報データベーステーブル圧縮を実行することをお勧めします。

対応OS: のWindows 2000 / XP / Vistaの/ 7/8

1C:エンタープライズ8.2(8.2.18.61)+クラック(パッチ)

1C:エンタープライズ8.2(8.2.18.61)+クラック(パッチ)



無料1C:エンタープライズ8.2.18.61 +パッチ - ~~((319.49 MB))~~
programama.com
2015