トップ10

立体プレーヤー1.7.3 +クラック(キー)

カテゴリー: ソフトウェア | 追加:13/07/2015、午前23時39分 | ダウンロード: 378
立体プレーヤー1.7.3 +クラック(キー)


立体プレーヤー - 多目的プレーヤー、ステレオ映画やDVDを表示します。プログラムは、立体ビデオやDVD映画を再生することができますし、あなたがキャプチャデバイスからのライブ映像を表示することができます。それはDirectShowに基づいているので、それはAVI、MPEG、WMV、およびASFなど、ほぼすべてのメディアフォーマットを扱うことができます。ビデオは、いくつかの異なる形式の立体で符号化することができます。

主な機能:
- 使いやすいインターフェース
- AVI、MPG、WMVおよびASFのビデオフォーマットをサポート
- のWindows Mediaデュアルストリームファイルのサポート
- 独立した左/右のファイルをサポート
- DirectShowのデコーダがサポートしている他の形式の再生
- のWindows Media 7.1および5.1マルチチャンネルオーディオデコーディング
- 3D-DVD再生
- リアルタイムのビデオキャプチャデバイス(TVカード、DVカメラ、等)を再生します
- 内蔵の各映画のビデオライブラリストア設定
- 立体メタデータサーバからのデータ取得
- インポートおよび立体メタファイルのエクスポート
- コマンドライン
- OLEオートメーション
- リモコンのWindows Media Centerの赤外線に対応

対応OS: Windows XP / Vista / 7に対応

このバージョンの新機能:
- 追加:第二のファイルの改善された自動検出」を開き左と右のファイル」ダイアログで。対応するファイルは、現在も他のフォルダに含まれています。
- 自動的に現在のフォルダの次のファイルをロードするオプションを追加(メニュー項目「フォルダ再生」を)。
- '繰り返し'とコマンド「フォルダ再生」をのための追加されたツールボタン。
- 追加OLEオートメーションを設定し、プレイのフォルダオプションを取得し、現在のフォルダ内の次または前のチャプターやファイルに移動するためのコマンド。
- HDMV LPCMオーディオのサポートが追加されました。
- 変更:「次へ/前のファイル」に改名「次へ/前の画像」メニュー項目。
- 変更:「次へ/前のファイル」コマンドは、次または前のプレイリストアイテムの代わりに、前/次の章コマンドに移動するために使用されなければなりません。
- キーを返すために、宇宙から「次のファイル」コマンドのホットキーを変更しました。
- 修正:起動時のロゴによって隠さダイアログ。
- 修正:オーディオデバイスなしで再生することはできません。

立体プレーヤーを設定します:
1)ステレオ・フォーマットを持つウィンドウをポップアップ表示されますファイルを開きます。
A))(水平、平行または交差ステレオペアのための:「代替ペア」(左または右の最初の2つのバージョン)
b)の縦「垂直スチーム」のステレオペアのための
c)のインタレース(インタレース)の場合:「インターレース」
2)ビューのタイプ(ポイント)を選択します。
A)アナグリフ(赤/青緑色)のための:ビュー - >ビューの方法 - >ハーフカラーレッド - ブルー
ビューの>方法 - - >ソフトウェアのPageflippingビュー:b)は、液晶シャッターのためのステレオドライバがインストールされていない場合
- >ビューの方法 - > Hステレオビデオドライバ表示:C)液晶シャッターのためのステレオドライバHビデオをインストールしたとき
L / Rやクラウディア・F7でボタン: - 3)ボリュームは、間違った方向に(凹正しくない場合)、左右のフレームを交換します。


ダウンロードステレオプレーヤー1.7.3 +キー~~((多言語版))~~ - ~~((7.16 MB))~~
Letitbit.netからダウンロード
Depositfiles.comからダウンロード - ~~()Depositfiles.comにGOLD-アカウントを購入し、10%割引(無料クーポン)~~
Vip-File.comからダウンロード
Shareflare.netからダウンロード
programama.com
2015