トップ10

6.0.638 WinPEのBootCDを反映Macrium(WinPEの5.0のx86 | x64の)

カテゴリー: ソフトウェア | 追加:2015年9月10日、午前2時33分 | ダウンロード: 322
6.0.638 WinPEのBootCDを反映Macrium(WinPEの5.0のx86 | x64の)

リフレクトMacrium これは、バックアップデータを、ハードディスクイメージを作成するように設計無料のツールです。ピアによって提示されたプログラムの重要な差別化要因は、オペレーティングシステムでの作業中にイメージを作成するための機会と考えることができます。つまり、Windowsを再起動する必要はありませんプログラムを完了します。ユーティリティは、スケジュール上のデータのバックアップを行うことができるように、組み込みのタスクスケジューラを持っています。また、Macriumは、高い生産性を持って反映します。イメージングプログラムでは、わずか数分を費やして、ユーザーフレンドリーなインターフェイスは、それをマスターする初心者でもすることができます。ユーティリティは、機能性と手頃な価格が異なるいくつかのバージョンがあります。

主な機能:
•ディスク全体としてのイメージ、および個々のファイルやフォルダを作成します。
•クローニングパーティション。
•(ローカルハードドライブ、ネットワークドライブ、または光メディア上の)完成画像の保存の選択。
•Windowsのを再起動することなく、「オンザフライ」のシステムイメージを作成します。
•内蔵バックアップスケジューラ。
•LinuxまたはBartPEのを使用して起動ディスクを作成します。
•完成した画像の確認。
•コピーサービスMicrosoftボリュームシャドウ(VSS)を使用します。
•高速圧縮率。
•セキュリティは、AES 256ビット暗号化を使用しました。
•CD / DVD上のバッチ記録。

何がバージョン6.0.638の新機能:
- 起動時にメッセージ「空のドキュメントの作成に失敗しました」
- 既存のインストールV5上でV6の新規インストールは次の再起動まで反映起動時にエラーメッセージボックスが表示される可能性があります。この問題は解決されました。
- 空き容量が低い場合には不要なバックアップファイルには、「分割します」
- バックアップを開始すると、最大バックアップファイルのサイズは、バックアップドライブの残りの空き領域に設定しました。 「空き領域のしきい値は、「保持ルールに設定され、バックアップファイルの不要な「スプリット」を引き起こすことができれば、これは不要です。この問題は解決されました。
- Windows PEのビルドに失敗
- PEファイルの場所が切断ドライブまたは十分な空き領域があった場合であった場合は、Windows PEのレスキュー・メディアは、ビルドに失敗する可能性があります。この問題は解決されました。
- 間違って注文したデフォルトの保持ルール
- 「デフォルトの編集 ''リテンションルール」プロパティページ、の選択「バックアップに」、「日」と「週」は正しい順序ではありませんでした。この問題は解決されました。
- '差動'オプションが使用できない「復元」タブの「その他のアクション」メニューを選択する場合
- バックアップが確認された ''合成フル 'オプションで作成された場合、差分バックアップオプションが欠落していました。この問題は解決されました。

6.0.638 WinPEのBootCDを反映Macrium(WinPEの5.0のx86 | x64の)

6.0.638 WinPEのBootCDを反映Macrium(WinPEの5.0のx86 | x64の)



年: 2015
オペレーティングシステム: Windows®XPの|ビスタ| 7 | 8(x86の-x64の)
言語: 英語
アクティベーション: 内蔵
サイズ: 320 Mbの

programama.com
2015