トップ10

リモートユーティリティ(ビューア+ホスト)6.1.0.3

カテゴリー: ソフトウェア | 追加:2015年9月25日、午前2時10分 | ダウンロード: 311
リモートユーティリティ(ビューア+ホスト)6.1.0.3

リモートユーティリティ - この人気ツールを使用すると、ドメインのWindowsのメンバーであるリモートコンピュータへの高速かつ安全なアクセスを整理することができます。製品リモートユーティリティは、管理および技術サポートの提供に関連するタスクの広い範囲に対処するように設計されています。ITスペシャリストは、画面の内容を学ぶことができるだけでなく、マウスとキーボードの制御を取得し、彼は個人的に彼のスクリーンの前にあったかのようにリモートコンピュータと対話するクライアント・システムに接続した場合。

アプリケーションは、サービスとしてクライアントマシン上で実行し、リモートコンピュータに接続するダースの異なる方法を提供していますすることができます。特筆は、ユーザ認証とリモートのための適切なメカニズムをサポートし、リモートユーティリティディレクトリサービスのActive Directoryの緊密な統合に値します複数のワークステーション上の製品展開。企業のIT-専門家が組み込みのツールや製品MSIコンフィギュレータのインストールを使用して企業ネットワーク全体に製品を展開することができるようになります。あなたは、パラメータの異なるセットを持つ複数のインストールパッケージを作成することができます。

リモートユーティリティ5.5のバージョンで実装改善のリストは、リモート印刷をサポートしています。パネルビューアー上で利用可能な新雑誌イベント/接続ログ、あなたはすぐに接続の問題の原因を特定するのに役立ちます。機能«ID以上のRDP»は、特別な識別子リモートユーティリティを使用して、RDP経由で接続できるようになります。

専門家の処分で«パワーコントロール»のモードで接続すると追加オプションになる "セーフモードとネットワークで再起動します。」そして、以前のバージョンの製品に精通しているユーザーは、より生産的に作業できるように再設計されたユーザインターフェースモジュール«ビューア»を、注意します。

リモートユーティリティ™は、リモートコンピュータへの容易かつ安全なアクセスを提供し、多目的リモートPCアクセスソフトウェアです。リモートユーティリティはあなたが右のそれの前に座っていたかのように、そのマウスとキーボードをリモート画面を表示し、動作させることができます。

リモートユーティリティは、以下のモジュールで構成されています。
-viewer - コントロールパネル/ダッシュボード
-Host - 無人アクセス用のリモートモジュール
-agent - 出席アクセスと自発的な支援のための遠隔モジュール

ただ一人のオペレータライセンスを使用すると、Active Directoryのネットワーク内のコンピュータを管理することができますし、インターネットを介してリモートの顧客をサポート - すべての単一の管理console.Fから

リモートユーティリティプログラムモジュール間でパスワードや交通の安全を確保するために、セキュリティのさまざまなオプションがあります。リモートユーティリティは、ネットワークを介して送信するすべてのデータは(256ビットのセッションキーで2048ビットの公開鍵とAES)を安全な暗号化アルゴリズムで暗号化されます。暗号化は常にオンしており、無効にすることはできません。

セキュリティオプションが含まれます:
・シングルパスワードの認証とWinNTのセキュリティ
- 複数のユーザと権限
明示的に指定したIPアドレスやネットワークとブロックからのみならず、リスト内のIPアドレスやネットワークからAgentまたはホストへのアクセスを得るためにあらゆる試みを接続することができます-IPフィルター、
リモートユーティリティのパスワードを盗む目的のためにネットワークコンピュータ上で植えされてからホストを防ぐために、セキュリティを強化するための別のパスワードとして機能-A「共有秘密」オプション、
試みとDDoS攻撃をブルートフォースのパスワードクラッキングに対する - 保護
あなたがプログラムのすべてのアクションやイベントの記録を保持することができます-anイベントログオプション
リモートPCに接続する前に、または接続が確立された後のいずれかにキーボード入力、空白のリモート画面をロックする-anオプション

バージョン6.1.0.3での変更点
- 追加:簡体登録システム。今、あなたは唯一の代わりに以前のように一人ひとりのホストを登録するビューアを登録する必要があります
- 追加:インターネットIDのシンプルな9桁のフォーマット
- 追加:自動ログオンが今RUサーバーを介してインターネットIDの接続のために働きます
- 修正:「ブランクリモートスクリーン」オプションは、現在「アルファブレンディングウィンドウをキャプチャする」オプションを使用して動作します
- 修正:再起動後に同じリモートPCに再接続するときにエラーが "アクセスが拒否されました」
- 修正:同期されたアドレス帳にレコードをインポートする場合の問題
- 修正:ユーザーがフルコントロール)ウィンドウでリモートデスクトップを切り替えた後に入力を開始するには、アプリケーションウィンドウ内の1つの余分なクリックをしなければならなかった問題
- マイナーな修正と改良

リモートユーティリティ(ビューア+ホスト)6.1.0.3



リリース: 2015
プラットフォーム :Windows®の8/7 /ビスタ/ XP / 2000は、Windows Server 2012/2008/2003
インターフェース言語: 英語
アクティベーション :不要
サイズ :15,84 Mbの

リモートユーティリティ(ビューア+ホスト)6.1.0.3をダウンロード
programama.com
2015